• info

VAT By COVID 19

 アバララ社が21日に公開した各国の付加価値税政策の状況をまとめた文書には、「新型コロナの脅威のため世界は付加価値税減税の方向へ」とのタイトルがつけられています。

 英国では、今月15日から、レストランやパブでの食品や飲料、ホテルやアトラクションの利用料などの付加価値税を20%から5%に引き下げました。来年1月12日までの半年間です。

 3月下旬に政府が大規模な閉店措置や移動制限を実施したことで、外食産業や観光業が大きな打撃を受けました。今回の措置は、この産業へのテコ入れや、約240万人の雇用の維持を目的にしています。

 マクドナルドなど大手チェーンは商品の値下げを発表しましたが、アルコール飲料が対象から除外されていることから、零細なパブなどは生き残りのために値下げをせずに対応せざるを得ない店もあります。

 ドイツの連邦議会は6月29日、付加価値税を年末までの期間限定で現行の19%から16%に、食品などに適用される軽減税率を7%から5%にする法案を承認しました。

 メルケル首相は、付加価値税の減税を含む経済回復政策を連立内閣で決めた後の記者会見で、「付加価値税は消費者全員にかかる税であり、その減税は社会的公正さを保つものだ」と発言。「将来世代の活動が保証されるように、将来に投資する」と強調しました。

 ドイツ公共放送ARDによると、ショルツ副首相兼財務相は、「消費を底支えするには速度が必要だ。期間限定なのは速度が必要だからだ。人々は買い物に行き、生活への自信も復活するだろう」と語りました。一方で、左翼党は大きなものを買う金持ちにより有利だと批判。同党は教育や介護にもっとお金をつかうべきだとして、法案に保留の対応をしました。

 中米コスタリカでは標準税率が13%から9%に引き下げられましたが、観光・建設分野について1年間0%にする新たな法案が国会で審議され、20日にいったん可決。近く行われる2回目の採決でも可決されれば成立することになります。

 メキシコの国会では現行16%の付加価値税を年末まで10%に引き下げる法案が審議中。また、イタリア、アイルランド、ジャマイカでも議会などで付加価値税減税の議論が進められています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-07-24/2020072401_01_1.html

最新記事

すべて表示

中国の海南自由貿易港の開発

中国の第13回全国人民代表大会によりCOVID-19からの回復と将来の経済発展に焦点を当てました。 COVID-19アウトブレイクの開始時に導入された税控除措置の有効期限が6月(当初の有効期限)から2020年の終わりまで延長されています。中小企業および単一業者による法人所得税および個人所得税の支払いは、2021年まで延期可能です。 革新的な税制の設定 対策はいくつかの段階で採用されます。この計画で

インドのgoogle税

たとえば、Googleは、課税水準の低いアイルランドでの取引を完了することで、英国でごくわずかな税金を支払うことに成功しました。これは、課税された数十億ドルが実際に英国で稼がれているにもかかわらず起こりました。 同様に、インドのFacebookによって得られた利益は以前は回避されていました。なぜなら、技術の巨人が税率がより低く、その利益のために別の管轄で取引を完了することができたからです。 あなた

EU租税回避強化

EUは火曜日、ブラックリストに載せられた国に関連する会社からのコロナウイルス援助を差し控えるよう加盟国に勧めた。 「公的資金の誤用を防止し、EU全体での税の濫用に対するセーフガードを強化する」財政支援の条件を設定することです。 リストされているタックスヘイブンにリンクしている企業への援助を拒否することを推奨することに加えて、詐欺、汚職、税金や社会保障の支払いの失敗など、その他の金融犯罪を犯した企業